ポドルスキ、古巣ケルンの残留を確信。「チームが安定している」

1月22日(月)7時40分 フットボールチャンネル

 J1ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは古巣ケルンの残留を信じているようだ。

 現地時間20日に行われたブンデスリーガ第19節でケルンはアウェーでハンブルガーSVを2-0で下した。この勝利でリーグ戦3連勝となったケルンは最下位ながら入れ替え戦に回る16位までの勝ち点差を「4」に詰めた。

 そんなケルンに対しポドルスキは「俺は数週間前からケルンを信じていると言ってきた」と地元紙『エキスプレス』の取材に答えた。「前半戦は結果が出ていなかったが全員が一生懸命プレーしていた。現在のチームはとても良くなっているし安定している」と好調の要因を分析している。

「次節のアウクスブルク戦で勝利すればさらに面白くなる」と話すポドルスキは「とにかく内容はどうでもいいから勝利と勝ち点が必要なんだ」と古巣にエールを送っている。

フットボールチャンネル

「ケルン」をもっと詳しく

「ケルン」のニュース

BIGLOBE
トップへ