サウジアラビアが東京五輪出場権獲得!ウズベキスタンは3位決定戦へ【AFC U-23選手権】

1月22日(水)21時13分 フットボールチャンネル

【U-23サウジアラビア代表 1-0 U-23ウズベキスタン代表 AFC U-23選手権準決勝】

 AFC U-23選手権準決勝のU-23サウジアラビア代表対U-23ウズベキスタン代表戦が現地時間22日に行われ、サウジアラビアが1-0で勝利。決勝進出と東京五輪出場権獲得を決めた。

 大会初戦でU-23日本代表に勝利を収め、そのまま順調にグループ首位通過を果たしたサウジアラビアは、西野朗監督率いる地元タイを下して準決勝に進出。一方イランを抑えてのグループ2位で決勝トーナメントに進んだウズベキスタンは、UAEとの準々決勝に5-1の大勝を収めて勝ち進んできた。

 東京五輪出場権獲得の懸かるこの一戦、先に決定的なチャンスを迎えたのはウズベキスタン。前半17分、サウジ守備陣の連携ミスによりボールを奪ったFWアブドゥホリコフがGKもかわしたが、無人のゴールへのシュートは枠を捉えられなかった。

 前半を両チーム無得点で折り返し、後半立ち上がりにはゲームが加速。両チームともに決定的な形でゴールに迫る形があったが、GKの好守や枠外シュートにより均衡を破ることはできない。

 延長戦突入の予感も漂い始めた87分、待望のゴールを奪ったのはサウジアラビアだった。右サイドからのクロスは一旦跳ね返されたが、ウズベキスタンのクリアが中途半端になり、ゴール手前にこぼれたボールを交代出場のアル・オムランがシュート。ゴール前にいたアル・ハムダンの体に当たったボールがネットに収まった。

 終了間際のCKでGKも前線に上がったウズベキスタンに対し、カウンターを仕掛けたサウジは再びゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドでノーゴール。追加点はならなかったが、1-0で試合を終えたサウジアラビアが勝利を収めた。

 サウジアラビアは1996年アトランタ大会以来6大会ぶりとなる五輪出場権を獲得。初の五輪出場を狙うウズベキスタンは3位決定戦でU-23韓国代表またはU-23オーストラリア代表と対戦する。

【得点者】
87分 1-0 アル・ハムダン(サウジアラビア)

フットボールチャンネル

「U-23」をもっと詳しく

「U-23」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ