韓国、苦しむも延長制してアジア杯8強入り…途中投入キム・ジンスが値千金ヘッド

1月23日(水)0時35分 サッカーキング

途中投入から決勝点を決めたキム・ジンス [写真]=AFC

写真を拡大

 AFCアジアカップUAE2019の決勝トーナメン1回戦が22日に行われ、韓国代表とバーレーン代表が対戦した。

 グループステージを3連勝の首位で通過した韓国は第3戦から合流した主将のソン・フンミンやファン・ウィジョ、チョン・ウヨン、キム・スンギュといった面々が先発する4−2−3−1。UAE、タイに続くグループ3位ながら、勝ち点4を稼いだため、決勝トーナメントへ進んだバーレーンは今大会1ゴールずつを挙げているモハメド・サード・アルロマイヒとジャマル・ラシド・アブドゥルラフマンが2トップを形成する4−4−2でスタートした。

 立ち上がりからボールを支配したのは韓国。ソン・フンミンが厳しいマークを受ける中、両サイドバックが高い位置をとって、サイド攻撃を中心に組み立てる。バーレーンは奪ってから2トップにボールを預けつつ、ミドルシュートを狙っていく。

 試合が動いたのは前半終了間際の43分、右サイド深い位置をとったイ・ヨンがニアサイドにグラウンダーのクロスを送ると、飛び込んだファン・ウィジョがつぶれ、こぼれ球をファン・ヒチャンが流し込んだ。

 後半に入ってからも立ち上がりは韓国が主導権を握るものの、時間が経過すると徐々にバーレーンが相手陣で展開できるように。すると迎えた77分、左サイドからのミドルシュートが起点となってゴール前が混戦となり、最後はアルロマイヒが蹴り込んで、同点とした。韓国はアディショナルタイム、相手DFの軽率なバックパスを拾ったファン・ウィジョがGKと1対1になる場面を迎えたが、シュートは枠外へ。1−1のまま、延長戦へと突入する。

 延長戦、韓国は再びペースを取り戻すと決定機を創出する。そして延長前半アディショナルタイム、延長戦に入ってから投入された左サイドバックのキム・ジンスがイ・ヨンからの右クロスをダイビングヘッドで突き刺して、勝ち越しに成功。そのまま逃げ切り、2−1で勝利し、準々決勝進出を決めた。

 韓国は25日、カタール代表とイラク代表の勝利したチームとベスト8で対戦する。

【スコア】
韓国 2−1 バーレーン

【得点者】
43分 1−0 ファン・ヒチャン(韓国)
77分 1−1 モハメド・サード・アルロマイヒ(バーレーン)
105+2分 2−1 キム・ジンス(韓国)

サッカーキング

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ