スーパーGT:セパンテストでナイトセッションが実現。第5戦に向けフィードバックも

1月24日(金)3時8分 AUTOSPORT web

 1月23日、マレーシアのセパンサーキットで、毎年恒例となっているミシュラン主催のスーパーGTウインターテストがスタートしたが、現地時間19時から、2020年第5戦セパンを見据えたナイトセッションが行われ、GT500マシンの夜間走行が実現した。


 例年、シーズン前の走り込みの舞台として開催されているミシュラン主催のウインターテスト。いつもなら酷暑のなかで午前、午後のセッションが行われているが、今年は第5戦セパンがナイトレースとして開催されることから、それを見据えたナイトセッションがテスト初日・2日目に行われる予定となっていた。


 テスト初日の23日も、現地時間19時から22時までの予定で走行がスタートした。レースは20時から行われる予定と言われていることから、ちょうどスタート前から決勝フィニッシュを想定した時間と言える。ただ、19時直前にセパンには雨が降りはじめてしまい、走行開始直後から本降りに。ダンプコンディションからフルウエットへと変化したこともあり、ほとんどのチームが走行を見合わせた。


 ただ、開始から25分が過ぎると雨は小降りとなり、各車はウエットタイヤを履いてコースイン。トラブルのため走行できなかったマシンもいたが、多くのマシンが次第に暗くなるなか周回を重ねた。終盤、TEAM MUGENの16号車ホンダNSX-GTがマイナートラブルのためコース上にストップし赤旗となったものの、それ以外は大きなアクシデントもなくチェッカーを迎えた。


 このセパンサーキットでは、2018年の12月のテストでも夜間走行が行われているが、その後照明に改良がなされ、2019年にはWTCR世界ツーリングカーカップの最終戦もナイトレースとして開催された実績がある。ただ、スーパーGTでは見え方なども異なる。また今回は、3メーカーの開発車両を使って、自光式や蓄光式のカーナンバーがトライされ、見え方のチェックなども行われた。


 多くのドライバーがこのセパンでの夜間走行は初となったが、一部で暗かったり、コクピット内のスイッチが見えづらかったりと多くのフィードバックがあった様子。今回、GTアソシエイションの服部尚貴レースディレクターがセパンを訪れており、7月のレースに向けドライバーやチームから意見を集めていた。


 コース上はかなり明るく、カーボンブラックのマシンでも形状はしっかりと認識はできた。またスーパーGTのマシンが夜を走る様子は非常に印象的で、第5戦セパンではこれまでにないシーンを観ることができそうだ。

NISMOの23号車ニッサンGT-RニスモGT500
NISMOの23号車ニッサンGT-RニスモGT500
ナイトセッション開始時には雨ながら夕暮れも出た
ナイトセッション開始時には雨ながら夕暮れも出た
ナイトセッションの開始直後、雨の様子を見るホンダドライバーたち
ナイトセッションの開始直後、雨の様子を見るホンダドライバーたち
レーシングプロジェクトバンドウの19号車トヨタGRスープラ
レーシングプロジェクトバンドウの19号車トヨタGRスープラ
ホンダ開発車の90号車NSX-GT
ホンダ開発車の90号車NSX-GT
スーパーGTセパンテストのナイトセッションの様子
スーパーGTセパンテストのナイトセッションの様子
ニッサン開発車の230号車ニッサンGT-RニスモGT500
ニッサン開発車の230号車ニッサンGT-RニスモGT500
ナイトセッション途中でストップしたTEAM MUGENの16号車NSX-GT
ナイトセッション途中でストップしたTEAM MUGENの16号車NSX-GT
NISMOの23号車ニッサンGT-RニスモGT500
NISMOの23号車ニッサンGT-RニスモGT500
トムスの36号車トヨタGRスープラ
トムスの36号車トヨタGRスープラ
TEAM IMPULの12号車ニッサンGT-RニスモGT500
TEAM IMPULの12号車ニッサンGT-RニスモGT500


AUTOSPORT web

「セッション」をもっと詳しく

「セッション」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ