絶好調のライプツィヒ、選手に睡眠セミナーを実施

1月24日(金)22時0分 FOOTBALL TRIBE

ユリアン・ナーゲルスマン 写真提供: Gettyimages

 今シーズン、ブンデスリーガで首位を走るライプツィヒ。好調の秘訣にはより良い睡眠があるようだ。23日、ドイツ紙『ビルド』が報じている。

 同紙によるとライプツィヒは24日に選手に対して睡眠セミナーを実施。ユリアン・ナーゲルスマン監督は「睡眠は90分に分けて1日5回するべきなんだ。このサイクルの間は起きようとしてはいけないんだよ」とコメント。

 実はこの睡眠サイクルはユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも行っているもので、1日で合計7.5時間、就寝の30分前からはテレビや携帯などの画面は見ないというもの。

 はたしてライプツィヒはこの秘策によってバイエルン・ミュンヘンの連覇を阻止することができるだろうか。

FOOTBALL TRIBE

「睡眠」をもっと詳しく

「睡眠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ