サガン鳥栖がケニア人FWイスマエル・ドゥンガを獲得。“第2のオルンガ”となるか

1月25日(月)14時26分 フットボールチャンネル

 J1のサガン鳥栖は25日、アルバニア1部のFKヴラズニアからFWイスマエル・ドゥンガを完全移籍で獲得することが決定したとして発表を行った。

 ケニア出身のイスマエル・ドゥンガは1993年2月24日生まれの27歳。身長189cm、体重80kgと恵まれた体格を誇る。鳥栖での背番号は「33」となる。

「皆さん初めまして、私はイスマエル・サリム・ドゥンガです。サガン鳥栖のファミリーになれた事を嬉しく思います。皆さんと一緒にチーム一丸となり、全力を出して頑張りたいと思います。よろしくお願いします」と同選手はコメントしている。

 イスマエル・ドゥンガは過去にケニア国内の複数クラブのほか、ギリシャ、ザンビア、アルバニアのクラブでプレー。今季アルバニアリーグで首位に立つヴラズニアでは公式戦9試合に出場して5得点を記録していた。

 Jリーグでプレーするケニア人選手は、柏レイソルから今月カタールのアル・ドゥハイルへ移籍したFWマイケル・オルンガに続いて2人目。昨季J1で強烈なプレーを見せつけて得点王・年間最優秀選手に輝いたオルンガに続く活躍が期待されることになりそうだ。

フットボールチャンネル

「ケニア」をもっと詳しく

「ケニア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ