グランツーリスモSPORTにトヨタ2000GTなど10台が追加。モンツァも新規収録

1月26日(金)17時59分 AUTOSPORT web

 グランツーリスモシリーズを開発するポリフォニー・デジタルは1月26日、好評発売中のプレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』のアップデート(1.11)を実施。これにより、トヨタ・スープラRZ ’97やトヨタ2000GT ’67、モンツァ・サーキットなどが無料追加された。


 2017年10月19日の発売以降も定期的にアップデートが施され、12月にはファン待望のシングルプレイヤーモードが追加されているグランツーリスモSPORT。今回のアップデートでもクルマ好きにはたまらない名車やサーキットなどが登場している。


 この1.11アップデートで追加されたクルマは全部で10台。スープラ、2000GTのほか、ジャガーXJ13 ’66やマクラーレンF1 ’94、フェラーリ512BB ’76などが追加された。


 ゲーム上で遊べるコースとしては、世界屈指の高速サーキットとして有名なモンツァ・サーキットが登場。F1などと同様にシケインが設けられたレイアウトと、より高速バトルを楽しめるシケインなしレイアウトの2種類を楽しめる。


 また、オリジナルコースのレイク・マジョーレ・サーキットにも、キャラクターの異なる3つのレイアウトが追加収録されている。


 12月のアップデートで登場したシングルプレイヤーモード『GTリーグ』には、フォードF150ワンメイクの『ラプターサバイバル』や、日本車限定の『J-スポーツ・ミーティング』など4イベントが追加され、やりこみ要素が充実。


 そのほか、オンラインでの安定性向上を含む、不具合修正なども施されている。


 グランツーリスモSPORTの1.11アップデートは1月26日より無料で配信中。詳細はグランツーリスモのホームページまで。



© 2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.

Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. “Gran Turismo” logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.


AUTOSPORT web

「グランツーリスモ」をもっと詳しく

「グランツーリスモ」のニュース

BIGLOBE
トップへ