堂安律、イランは「倒し甲斐ある相手」。“アジア最強”への挑戦に燃える

1月27日(日)8時41分 フットボールチャンネル

 日本代表は26日、AFCアジアカップUAE2019準決勝のイラン戦に向けた調整を行った。MF堂安律は強敵と戦うことにワクワクしているようだ。

 あと2勝でアジア王者となる日本。準決勝の相手は、アジア最強とも言われるイランだ。堂安は「倒し甲斐のある相手」「アジアで一番強いと言われているイランに勝ってこそ、ホントのアジアチャンピオンになれる」と語り、「戦えてホントにうれしい」と述べた。

 準々決勝で決勝弾を決めた堂安。チャンスに絡む回数が増えていることについて問われると、「目指しているところはもっと高い」と現状に満足する様子はない。「あと2試合で僕が理想するところに近づけたら」と、常に前進を誓っている。

 イラン戦でFW大迫勇也の完全復帰が予想されることについては「エースが帰ってくるということで、信頼できる選手が戻ってくるのはうれしいこと」と述べた。

(取材:元川悦子【UAE】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「アジア」をもっと詳しく

「アジア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ