マー君9億楽天復帰!12球団別歴代最高年俸は

1月29日(金)11時0分 ココカラネクスト

 現役バリバリのメジャーリーガーが日本に戻ってくる。ヤンキースからFAになり、移籍先を探していた田中将大投手(32)の楽天入団が発表された。プロ野球復帰は8年ぶり。

 条件面について、石井一久監督兼GMは「球界最高年俸なのは間違いない」。関係者の話を総合すると、推定で年俸9億円プラス出来高の2年契約。巨人菅野の今季年俸8億円を上回り、歴代トップに躍り出た。今季年俸上位選手は以下の通り。

【2021年プロ野球年俸ランキング】(1月29日時点)


1、田中将大 9億円
 (楽天=32歳)

2、菅野智之 8億円
 (巨人=31歳)

3、柳田悠岐 6億1000万円
 (ソフトバンク=32歳)

4、浅村栄斗 5億円
 (楽天=30歳)

  坂本勇人 5億円
 (巨人=32歳)

 山田哲人 5億円
(ヤクルト=28歳)

7、森唯人4億6000万円
 (ソフトバンク=29歳)

8、松田宣浩 4億5000万円
 (ソフトバンク=37歳)

  丸佳浩 4億5000万円
 (巨人=31歳)

10、千賀滉大 4億円
 (ソフトバンク=27歳)

 野手最高年俸はソフトバンク柳田の6億1000万円で、02年松井秀喜(巨人)の歴代最高額に並んだ。上位10選手のうち、日本一のソフトバンクが最多4人、リーグ優勝の巨人が3人。球団別の投手、野手それぞれの歴代最高年俸は以下の通り。

【12球団別・歴代最高年俸】

◆投手編

1、楽天・田中将大 9億円(21年)

2、巨人・菅野智之 8億円(21年)

3、DeNA・佐々木主浩 6億5000万円(04、05年)

4、広島・黒田博樹 6億円(16年)

  オリックス・金子千尋 6億円(15〜18年)

6、日本ハム・ダルビッシュ有 5億円(11年)

7、ソフトバンク・森唯斗 4億6000万円(20年)

8、中日・岩瀬仁紀 4億5000万円=(12年)

9、阪神・藤川球児 4億円(09〜12年)

10、西武・松坂大輔 3億3000万円(06年)

11、ロッテ・小林雅英 2億5000万円(06〜07年)

  ロッテ・涌井秀章 2億5000万円(17年)

12、ヤクルト・石井一久 2億2000万円(06〜07年)

◆野手編

1、巨人・松井秀喜 6億1000万円(02年)

 ソフトバンク・柳田悠岐 6億1000万円(21年)

3、阪神・金本知憲 5億5000万円(07〜09年)

4、オリックス・イチロー 5億3000万円(00年)

5、ヤクルト・山田哲人 5億円(20〜21年)

  楽天・浅村栄斗 5億円(20〜21年)

7、日本ハム・小笠原道大 4億3000万円(05年)

8、西武・中村剛也 4億1000万円(16〜17年)

9、中日・和田一浩 4億円(11年)

DeNA・筒香嘉智 4億円(19年)

11、広島・鈴木誠也 3億1000万円(21年)

12、ロッテ・今江敏晃 2億円(14〜15年)

1986年に落合博満が初めて「1億円」を突破してから35年。一流選手の目安だった1億円プレーヤーが、いまでは70人を超える。メジャーで20億円以上の年俸を手にしていた田中の日本球界復帰で、金額の高騰化に拍車がかかりそうだ。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

ココカラネクスト

「楽天」をもっと詳しく

「楽天」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ