日本代表、2大会ぶり決勝進出! 大迫2発に原口1得点。アジアカップ準決勝でイラン下す

1月29日(火)0時51分 フットボールチャンネル

日本代表、2大会ぶり決勝進出

 日本代表は28日、AFCアジアカップ2019・準決勝でイラン代表と対戦した。

——————————-

【日本 3-0 イラン AFCアジアカップ2019・準決勝】

 日本代表を率いる森保一監督は、就任後最初の試合となったコスタリカ戦で快勝して以降、無敗を継続している。AFCアジアカップ2019のグループリーグでは、苦しみながらも3連勝をおさめ、決勝トーナメント1回戦でもサウジアラビア代表を1-0で下した。続く準々決勝ではベトナム代表に1-0の勝利をおさめている。

 準決勝の相手はFIFAランキング29位のイラン代表。日本代表は1トップに大迫勇也を起用し、ベストメンバーでイラン戦に臨んだ。試合開始して19分、ゴール前のパス回しからイランの守備を崩して堂安律がシュートを放つ。これは惜しくもゴール右に外れて日本の先制点とはならなかった。

 対するイランも22分、サルダル・アズムンが個人技で日本の守備をこじあけてシュート。日本はピンチを迎えたが、GK権田修一のファインセーブによって失点を免れる。すると56分、相手に倒された南野拓実がすぐに立ち上がり、一瞬の隙を突いてクロスをあげた。大迫勇也が頭で押し込み日本に先制点が入る。

 続く67分には、南野が出したパスをペナルティーエリア内でイランの選手がハンド。これで得たPKのチャンスを大迫がしっかりと決めて日本に追加点が入った。後半アディショナルタイムには原口元気がチーム3点目。結局、日本が3-0の勝利をおさめ、2大会ぶりの決勝進出を果たしている。

【得点者】
56分 1-0 大迫(日本)
67分 2-0 大迫(日本)
90分+1分 3-0 原口(日本)

フットボールチャンネル

「日本代表」をもっと詳しく

「日本代表」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ