柴崎は早くも決勝に“フォーカス”「結果を出してこその世界だと思うので」

1月29日(火)4時40分 サッカーキング

日本の中盤を支える柴崎岳 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 日本代表は28日、AFCアジアカップUAE2019準決勝でイラン代表と対戦。大迫勇也の2得点、そして終了間際に原口元気がダメ押しとなる3点目を挙げ、2大会ぶりの決勝進出を決めた。柴崎岳は「森保監督になってから続けてきたことが出た試合だった」と振り返った。

「選手一人ひとりの意識も良かったと思います。戦前では五分五分、もしくはフィジカルでは押されるなど、いろいろな予想がされる中で良い意味で期待を裏切った試合になったかと思います。これは僕たち選手からしても、大きな自信になる試合になったかなと思います」

 FIFAランキングではアジア最上位のイランに快勝という結果を収めたが、柴崎は「このあと一番大事な試合がやってくるので。そんなに喜んでいないと言ったらあれですけど、次の試合にフォーカスしています」と早くも決勝を見据えた。

「決勝で負けたら何の意味もないと思います。タイトルを取ってこそ、結果を出してこその世界だと思うので。日本代表としては優勝すれば5度目になるので、日本の歴史にとっても非常に大きな財産になると思います」とアジア王座奪還を誓った。

サッカーキング

「フォーカス」をもっと詳しく

「フォーカス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ