武藤所属のニューカッスル、パラグアイ代表MFを30億円で獲得。オーウェン氏超えのクラブ史上最高額

1月30日(水)17時0分 フットボールチャンネル

 日本代表FW武藤嘉紀が所属するイングランド・プレミアリーグのニューカッスルがアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドに所属するパラグアイ代表MFミゲル・アルミロン獲得でクラブと合意したと英メディア『サン』などが現地時間の30日に報じている。

 ニューカッスルはアルミロン獲得に2100万ポンド(約30億円)でアトランタ側と合意したと伝えらえていて、メディアカルチェックを受けた後、正式発表となる見通しだという。

 移籍金が2100万ポンド(約30億円)になると、マイケル・オーウェン氏が2005年にレアル・マドリーから移籍してきた際の1600万ポンド(約22億円)を超え、クラブ史上最高額となる。

 いよいよ、指揮官ラファエル・ベニテスが熱望する司令塔がやってくる。

フットボールチャンネル

「ニューカッスル」をもっと詳しく

「ニューカッスル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ