具志堅用高氏「70歳まで世界王者誕生に力を注ぎたい」

1月30日(水)16時0分 NEWSポストセブン

WBAから贈呈された「スーパーベルト」

写真を拡大

 グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。


 元プロボクサーの具志堅用高氏(63)が持ってきたのは、WBAから贈呈された「スーパーベルト」。


 ハングリー精神を拳に込めて世界王者となった具志堅氏。13連続防衛の日本記録を遂げ、国際ボクシング殿堂入りを果たした。WBAから贈られたスーパーベルトはそうした功績の証だ。


「今も鮮明に覚えているのは、王者ファン・ホセ・グスマンとのタイトルマッチ。右アッパーでとどめを刺したけど、最も手応えがあったのは最初にダウンをとった右フックだよ」


 王座獲得は沖縄本土復帰から4年後のこと。英雄となった石垣島の漁師の次男坊は、沖縄の人々の希望となった。今は天然キャラでタレント業もこなすが、優先するのはジムでの指導。


「若いボクサーが僕に夢を与えてくれている。70歳くらいまでは世界チャンピオン誕生に力を注ぎたい」


 昨年末、5人目の孫が誕生。


「初の男の子。一緒にスポーツ観戦がしたい。しかし、女の子は嫌われそうで叱れないね(笑い)」


 世界のカンムリワシも孫には簡単にノックアウトされそうだ。


【プロフィール】ぐしけん・ようこう/1955年、沖縄県生まれ。元プロボクサー。1976年、WBA世界ジュニアフライ級(現ライトフライ級)王座を獲得。4年間で13度連続防衛後、1981年に引退。ボクシングジム会長を務める傍ら、芸能活動でも人気を博す。


◆撮影/渡辺達生、取材・文/スペースリーブ


◆小学館が運営する『サライ写真館』では、写真家・渡辺達生氏があなたを撮影します。詳細は公式サイトhttps://serai.jp/seraiphoto/まで。


※週刊ポスト2019年2月1日号

NEWSポストセブン

「具志堅用高」をもっと詳しく

「具志堅用高」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ