FIA「必要であれば一般人の保護に必要な措置を取る」F1中国GPに向け新型コロナウイルスを警戒

1月31日(金)19時48分 AUTOSPORT web

 FIAは、中国でのコロナウイルス流行について声明を発表した。4月に開催予定のF1第4戦中国GPに向けて、FIAは中国の状況を注視している。


 中国は今も武漢で発生したと見られる新型肺炎への対応に追われている。死亡者数は木曜日には170人に達し、中国で確認された感染者数は1日前の5,974人から7,711人に増加している。WHO世界保健機関は、外国政府に“警戒”するよう警告しており、世界的な緊急事態を宣言した。


 FIAは、1月30日(木)に発表した声明のなかで以下のように述べた。


「今年初めに中国で発生したコロナウイルスの流行を受け、FIAはFIA医療委員会会長のジェラール・サイラン教授の指揮のもと、関係当局とメンバークラブとともに、状況の展開を注意深く監視している」


「FIAは今後のレースカレンダーを検討し、必要であれば世界的なモータースポーツコミュニティと、一般の人々を保護するために必要な措置を講じる」


 中国GPは4月17〜19日に開催予定で、流行が沈静化あるいは制圧されるまで2カ月半の時間がある。しかしながら、3月21日に海南島で予定されているフォーミュラE選手権の第6戦三亜は、公共イベント開催制限の対象となる可能性がある。


 中国当局はコロナウイルスの流行により、すでに2月の複数のスポーツイベントをキャンセルまたは延期している。南京での世界室内陸上競技選手権大会は中止となり、中国でのサッカーの試合はすべて無期限に延期となっている。


AUTOSPORT web

「新型コロナウイルス」をもっと詳しく

「新型コロナウイルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ