森保監督、絶好調カタール恐れず。「我々も勝ち上がってきた。選手は自信を」

1月31日(木)19時2分 フットボールチャンネル

 現地時間2月1日にAFCアジアカップ2019決勝が開催され、日本代表とカタール代表が対戦する。森保一監督が試合前日の会見で見通しを述べた。

「カタール戦は非常に厳しい試合になると思っています。カタールは非常に力のあるチーム。もうひと踏ん張りできるように良い準備をして、明日の試合で選手が思い切って力を出し切れるようにしていきたいと思います」と森保監督は語る。

 カタール代表は準決勝で開催国のUAE代表に4-0で大勝。ここまで6試合を全て無失点に抑え、16得点0失点という圧倒的な成績で決勝まで進んできた。だが必要以上に相手を恐れる必要はないと指揮官は主張する。

「16得点、失点ゼロでここまで勝ち上がってきたことは我々も知っています。しかしながら、相手がどこであろうと常に考え方は同じで、相手に敬意を払い、相手のことを知って、持てる力を全て出すということ。そして我々も勝ち上がってきています。成長しながらここまで来れたと思っていますので、選手たちには勝ち上がってきた自信を持って、これまでやってきたことを決勝の舞台でも発揮してほしいと思っています」

 準決勝のイラン戦を除けば全て1点差勝利という厳しい戦いが続いていたが、様々な状況に対処して切り抜ける中でチームが成長を遂げてきたと監督は感じているようだ。

「選手たちが流れを読み取りながら、感じながら、意思統一してチームとして連携、連動しながら試合を進められているところは、これまでの試合で全体的に良くなってきたと思います。これまでの6試合も色々なスタイルを持っている相手だったので、色々な試合の状況から学びながら、チームの力でここまで来れたと思います」

 決勝のカタール戦でも同様に、どんな状況にも柔軟に対応する戦いが求められる。「どういう流れになっても選手たちは対応力や修正力を持って、あとは集中を切らさず、継続力を持ってやってくれると思います」と森保監督は選手への信頼を強調している。

(取材:舩木渉【UAE】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「カタール」をもっと詳しく

「カタール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ