大谷翔平が紅白ゲスト審査員受けた条件を栗山監督明かす

1月31日(火)7時0分 NEWSポストセブン

大谷翔平の二刀流について語る栗山英樹監督

写真を拡大

 いまや日本プロ野球界の顔となった北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手だが、彼を「二刀流」のまま起用し続け、チームを日本一に導いたのが、連覇を目指す栗山英樹・監督だ。戦術の要所要所で歴史上の偉人や奇才が残した教訓、逸話をヒントにしてきたという栗山監督と、本誌・週刊ポスト連載「逆説の日本史」著者の作家・井沢元彦氏の対談で、大谷の二刀流について語り合った部分を紹介する。


栗山英樹(以下、栗山):去年のソフトバンクとのCSの最中、2敗してかなり追い込まれたときに、ちょうど(井沢)先生が出演した番組(BSジャパン『逆説の日本史』)を見て、田沼意次(江戸幕府の改革派老中)の生き方が参考になったんです。今の評価と、将来評価されることには大きな違いがある、100年後にならないとわからないこともあるんだというお話に、勇気をもらいまして。


井沢元彦(以下、井沢):何に悩んでいたんですか?


栗山:CS全6戦の戦い方は最初から決めていたんです。けれど、それを崩してでも次戦で空気を変えたほうがいいのか、それとも、このまま信念を貫くべきか。


井沢:どちらの決断をされたんですか?


栗山:最初に決めたとおりにしました。僕は「歴史はデータだ」と思っていて、先達が積み上げてきたデータの蓄積のなかに答えがあるような気がしているんです。野球については100年ぐらいかけて考え尽くされているので、もはや目新しい作戦を編み出すのは難しい。それなら野球以外の歴史を作った人たちから知恵をもらったほうがいいだろうと。


井沢:長期的に見ないと歴史は分かりません。田沼意次は財政再建に取り組んだり、思い切った改革をやったんです。ところが、そういう身を切る改革は同時代の人々には不評なので、「田沼は悪いことをした」という史料しか残されていない。大谷翔平の二刀流だって、「そんなことやった奴いないじゃないか、うまくいった例はないじゃないか」と、そういう批判のほうが残りやすいわけです。


栗山:僕が失敗してたら批判しか残らないわけですね。もっとも、今でも批判されてますが(笑い)。


井沢:どうして二刀流は成功すると思ったんですか?


栗山:彼が高校2年の時に初めてピッチングを見たんですけど、ネット裏からボールの球筋や角度を見たときに、絶対この子は世界一のピッチャーになると感じました。その後、甲子園で「バッター大谷」を見たときは、レフトライナーがあわやホームランというフェンス直撃の一打を目の当たりにして、プロでも二刀流でやれると確信しました。それと、あんなすごい選手を僕ごときがどっちかに決めちゃいけないなと思ったんです。


井沢:謙虚ですね。


栗山:幸いなことに、翔平はとても“出たがり”なんです。シーズン終盤に、次の日に彼が先発で勝たなきゃいけないという状況でも、コーチを通じて「バッターとして出たい」って文句を言ってくる。僕は「体力のことも考えて、もっと出たいんだったらどうすればいいか考えなさい」と諭すと、翔平は自分で考えて新しい答えを出してくる。


井沢:そういう意味でも大した選手ですね。ちなみに私生活にはどれだけ口を出すんですか? 悪い女に引っかかって良い選手がダメになるっていう例もあるじゃないですか。


栗山:今の選手は稼げるので余計、人が集まるから心配はしています。翔平には「2人分やるんだから、遊ぶなとは言わないけどやるべきことだけはちゃんとやりなさい」と言っています。


 去年、翔平はゲスト審査員として紅白歌合戦に出ましたけど、球団を通じて出演を打診されたときに彼が言ったのが、「練習場を確保してくれるなら出ます」と。大晦日と元日は寮が閉まっちゃうから、トレーニングする場を確保してほしいと。


井沢:すごいですね。二刀流で知られる宮本武蔵は剣術家として一流でしたが、画家としても一流で国宝級の絵をいっぱい描いている。だから「武蔵は2人いた説」というのがあるくらいなんですが、大谷翔平は武蔵に匹敵する万能のスーパーマンですね。


※週刊ポスト2017年2月10日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

大谷翔平をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ