時期尚早の懸念を吹き飛ばしFIA-F2で結果を残した角田裕毅/スペイン人ライターのF1便り

2月1日(月)18時0分 AUTOSPORT web

 2020年のFIA-F2終了後にFIAルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた角田裕毅が、アルファタウリ・ホンダから2021年シーズンのF1に参戦する。海外でもその走りで注目を集めている角田だが、ヨーロッパのファンたちは彼のどんな面に共感をもったのだろうか。スペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアが2018年のFIA-F4時代から角田の走りを振り返る。


———————————————


 2014年にケータハムに在籍した小林可夢偉以来となる、日本人F1ドライバーが誕生した。2021年に角田裕毅がアルファタウリ・ホンダからF1に参戦する。角田はピエール・ガスリーのチームメイトとなるが、ガスリーも2017年にスーパーフォーミュラに参戦していたので、日本とのつながりを持っているドライバーだ。


 日本のモータースポーツファンにとって非常にエキサイティングな状況であることは間違いない。実際のところ、ヨーロッパの誰もがこのドライバーに何ができるのか見ることを楽しみにしているのだ。このことは、これまでの彼の成功を評価するための良い方法だと感じている。


 角田はキャリアを通じてホンダのサポートを受けているが、彼がF1に昇格できた理由は、彼自身の才能とスピードだ。彼の進歩は完璧だ。日本のFIA-F4チャンピオンからF1ドライバーに至るまでにかかったのはたったの2年であり、2019年からはレッドブル・ジュニア・チームの一員となった。


 2018年にF4を見ていた者にとっては、彼の能力は明らかだった。多くの人々が彼の勝利と優位性について話すだろう。しかし私にとって最も特別な瞬間は、2018年FIA-F4選手権第6大会オートポリスでのことだった。角田はグリッドのはるか後方からのスタートを余儀なくされた後、2回の素晴らしいリカバリーレースで完走した。見返りはたったの4ポイントだったが、この時私の目には、このドライバーが特別に見えた。


 何年もの間、私はスペインとヨーロッパの他の記者たちに、日本人ドライバーをF1に送り込むために重要なのは、若いうちにヨーロッパに連れてくることだと話してきた。実際、これは秘密の話だが、2018年の終わりに私は個人的に角田をスペインのチームに推薦していた。私はホンダにも連絡を取って、二者間でなし得る契約の交渉を手伝おうとしたのだ。結局それは実現しなかった……。しかし角田はヨーロッパへ行き、レッドブルの支援を受けた。私はその決断に驚きはしなかった。私はそれが現実となったことがとても嬉しかった。


 ここからが、ヨーロッパのメディアとファンにとって面白くなり始めるところだ。「この角田とは誰だ?」と多くの人々が尋ねた。2019年のユーロフォーミュラ・オープンでの初レース(彼にとってヨーロッパでの初レースでもあった)で、角田は2位だった。そして1カ月後のホッケンハイムで彼は優勝したのだ。FIA-F3と日程が重なったために、2ラウンドを逃したにもかかわらずシーズンの終わりには、ユーロフォーミュラ・オープンでランキング4位になっていた。

2019年 FIA-F3 第6戦スパ・フランコルシャンのレース2で角田裕毅が2位表彰台
2019年 FIA-F3 第6戦スパ・フランコルシャンのレース2で角田裕毅が2位表彰台


 FIA-F3でも人々は実際にこの小柄な日本人ドライバーに感銘を受けた。彼のF3結果は最初のうちはそれほど印象的ではなかったかもしれない。1戦目が10位、3戦目が7位、その後は8戦目までポイントを獲得できなかった。実際、彼はモンツァで苦労して掴んだ勝利によって“たった”3度しか表彰台に上がれなかった。2019年シーズン終了後、彼はF3ランキングは9位だった。


 だがいつものようにデータを見てみると、非常に有望なことが見つかるものだ。まず、2019年シーズンに角田は文字通りイェンツァーのすべてのポイントを獲得した。彼は2018年のチーム全体よりも多くのポイントを獲得している。そして2020年、イェンツァーはシーズン全体で2回しかポイントを獲得できなかった。


 言い換えれば、かわいそうな角田には競争力の高いマシンがなかったが、それでも常にトップに近いところにいたのだ。非公式に私が聞いたことだが、裕毅をF2に送る決断は、モンツァでの表彰式の間に下されたのだという。もちろんだ。2020年に彼をプレマに入れられないのなら、F3に残る理由は何もない。


 そのことがようやく発表され、誰もが角田をポジティブに捉えていたにもかかわらず、私が聞いたのは「早すぎる!」という声だけだった。人々はこの新人の日本人ドライバーに好意を持っていたので、彼の成功を望んでいた……。だから彼をF2に送り込むのが早すぎると懸念を持ったのだ。


「信じてほしいが、決して時期尚早ではない。彼はあなたを驚かせるよ。私が保証する」私はこれらの言葉を冬の間に何度も言った。彼のF2シーズンがどうだったか私が説明する必要はない。なぜなら私たち全員がよく知っているからだ。


 彼はルーキー・オブ・ザ・イヤーとなった。また非常にポジティブな驚きだったのは、彼がいかに早くチャンピオンシップに適応したかということだ。前年に彼がF3とユーロフォーミュラ・オープンでやったようにだ。


 私にできることは、なぜ角田がヨーロッパでこれほど人気があるのかを説明することだ。もちろん、まず彼にはスピードと才能があるからだ。誰もが速いドライバーが好きだし、それが予想外だったらなおさらだ。彼には別の面もある。F2での彼の無線のメッセージは、彼がどれだけ情熱的であるかを示していたし、こういうことがファンにアピールするものだ。


 また彼が小柄であることさえ、イメージをポジティブにしている。それで人々は彼を応援したいと思う。だからあらゆる人々が彼に共感しているのだ。つまり多くの人々にとって、ミック・シューマッハーやニキータ・マゼピンではなく、彼こそが2021年に観たいと思うルーキーなのだ。


 もちろん、メディアでは物事はもっと単純だ。ホンダの支援を受けている驚くほど速いドライバーが、F1に昇格するのにその助けを必要としなかったというのは、非常に興味深いストーリーだ。実際、2021年末にホンダは正式にF1から撤退するが、レッドブルは彼が自身でF1での居場所を手に入れたのだとすでに述べている。


 彼はホンダのサポートを受けているレッドブルのドライバーと言ってもいいだろう。その逆ではない。彼がF1のルーキーとして何ができるのか見ることに、私は本当に興奮している。彼には比較したり学んだりできる、とても優れたチームメイトがいる。あとは誰に分かるだろう?もしかすると将来、彼はF1で優勝する最初の日本人ドライバーになれるかもしれない。


 私が他の記者全員に言ったように、あなたにも今言っておこう。「私を信じてほしい。彼にはできるから」

2021年シーズンのF1にアルファタウリ・ホンダから参戦する角田裕毅
2021年シーズンのF1にアルファタウリ・ホンダから参戦する角田裕毅

AUTOSPORT web

「ライター」をもっと詳しく

「ライター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ