サガン鳥栖、エドゥアルドが今季の主将に!副主将には在籍12年目FW豊田陽平ら3選手に決定

2月1日(月)21時38分 FOOTBALL TRIBE

サガン鳥栖のゴール裏 写真提供:Gettyimages

 明治安田生命J1リーグのサガン鳥栖は1日、2021シーズンのキャプテンにDFエドゥアルドが就任したこと、および副キャプテンがFW豊田陽平、MF松岡大起、GK朴一圭の3選手に決定したことを公式発表している。

 エドゥアルドはガイナーレ鳥取、栃木SC、柏レイソル、川崎フロンターレと渡り歩いた後、2019年に松本山雅へ完全移籍により加入。松本山雅では公式戦11試合の出場に終わっていたが、2020年にサガン鳥栖へ加入すると昨季はJ1リーグ21試合に出場していた。

 同選手はキャプテンとしてチームを支えることについて「キャプテンになれて本当にうれしいです。キャプテンの役割は雰囲気をつくることだと思っています。スタッフ選手のみんな力が必要になります。上の順位にいけると思うので、信じて頑張っていきましょう」とクラブ公式サイトを通じて意気込みを語った。


FOOTBALL TRIBE

「サガン鳥栖」をもっと詳しく

「サガン鳥栖」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ