原口元気、決勝へ向け「モチベーションは高い」。「必ず日本が一番になる」

2月1日(金)8時0分 フットボールチャンネル

 日本代表は31日、アブダビ郊外で練習を行った。いよいよAFCアジアカップ2019の決勝・カタール戦が翌日に迫り、張り詰めた雰囲気が漂うかと思いきや選手たちはリラックスした様子で最終調整に臨んでいた。

 大一番を前に原口元気は「プレッシャーをかけていく?いや、何もしなくても大丈夫です。勝手にプレッシャーもかかるし、勝手に緊張感もあるし、何もしなくてもモチベーションは高いし、何もコントロールする必要のない試合なので、逆に楽というか、身を任せてやるだけなので、コンディションだけしっかり整えて」と心境を語った。

 続けて「去年W杯で負けてからアジアでは一番でいなければいけないと思っていたし、アジアで負けているようでは、もう一回そこにチャレンジできないので、必ず日本が一番になって、新しいスタートを切らなきゃいけないなって思っています」と意気込みを語った。

「サウジ戦のようにあれだけ押し込まれるとは思わなかった」と語る原口は「監督の指示があっての戦術です」と話したうえで「サウジ戦のようにあれだけ押し込まれるとは思わなかった試合があったり、そういったところで選手の判断になる。全部監督の判断どおりになるわけではないので」とチームが臨機応変に対応する必要性を説いた。

「いろんな引き出しがあったほうが強いと思いますし、それが体現できているので、大会を振り返ってもそうですし、明日がどんな展開になったとしても、うまく対応できる自信はありますし、逆に、それができないと勝てないと思うので、相手がどう出てくるかに対してうまく対応して、それに対する攻め方、守り方をしないといけないなって思います」と原口は決勝戦で今大会中に成長したチームの集大成を見せる覚悟だ。

(取材:元川悦子【UAE】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「原口元気」をもっと詳しく

「原口元気」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ