長友佑都は「問題を起こすことはない」。元インテル&ガラタサライ監督が太鼓判

2月2日(金)19時5分 フットボールチャンネル

 元インテルのロベルト・マンチーニ現ゼニト監督が、ガラタサライへ移籍したDF長友佑都について語っている。トルコ紙『Haberturk』が伝えた。

 マンチーニ監督は、2013年から14年にかけてガラタサライを指揮していた。長友がガラタサライにとって良い補強だと信じる指揮官は、「素晴らしい選手だし、人としても素晴らしい。そしてプロ意識も見事だ。たとえプレーしていないときでも問題を起こすようなことはない選手。彼はいつでもポジティブで、ハードワークを続ける」と、古巣の新戦力に太鼓判をおした。

 インテルで7年を過ごした長友にとって、トルコは新天地。それでも、マンチーニ監督も称賛するその姿勢は、どこであっても受け入れられるはずだ。

フットボールチャンネル

「ガラタサライ」をもっと詳しく

「ガラタサライ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ