決勝で初得点も「意味ない。負けたんで」。南野拓実の悔しさと収穫

2月2日(土)8時41分 フットボールチャンネル

【日本 1-3 カタール AFCアジアカップ2019決勝】

 日本代表は1日に行われたAFCアジアカップ2019決勝でカタール代表に1-3で敗れた。FW南野拓実は、優勝を逃したことを嘆いている。

 南野は「この大会は優勝しないと意味がない大会だった」と感じており、「悔しい気持ちでいっぱいです」と話した。

 ここまでチャンスはあったが決めきれなかった南野は、決勝で今大会初めてゴールを決めたが、「意味ないっすね。負けたんで」と苦笑い。「優勝しないと意味ないくらいに僕も思って戦った。それにつながるゴール、それにつながるチームへの貢献だったら、自分にとってあのゴールは意味があったと思いますけど。チームの勝利につながっていないので、自分としても特別な意味はないです」と語った。

 優勝したカタールの歓喜を目の当たりにした南野は、「悔しいですね」とコメント。「やっぱりあそこに立っているところをイメージしていたし、ホント目の前でそれがなくなってしまったので…」と悔やんでいる。それでも、「この悔しさをここで終わらせてはいけないと思っていますし、これがあったから成長できたって言えるくらい」にしたいと述べ、さらなる成長を見据えている。

 もちろん、収穫もあった。南野は「こういう短期決戦の中での過ごし方であったりとか、その中での頭の切り替えというのはA代表として初めてだったので、それは良い経験になりました」と話した。

 アジアカップを振り返り南野は、「代表の選手としてこういう大会を戦うのはすごく楽しかった。サッカー選手としての喜びというのは感じました」とコメント。「だからこそ、この代表のユニフォームを着てもっとプレーしたいと思ったし、そのぶん悔しさも大きい。この経験を自分の成長につなげていきたい」と語っている。

(取材・元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「南野拓実」をもっと詳しく

「南野拓実」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ