アジアカップで奮闘した20歳・冨安健洋「この経験値を今後の糧にしなければ」

2月2日(土)8時23分 フットボールチャンネル

【日本 1-3 カタール AFCアジアカップ2019決勝】

 日本代表は1日に行われたAFCアジアカップ2019決勝でカタール代表に1-3で敗れた。DF冨安健洋は、今後のさらなる成長を誓っている。

 20歳の冨安は、今大会で安定した守備を見せた。ただ、決勝では圧倒的な存在感を示せていない。

 冨安は「なかなか変えようと思っても簡単にポンと変えられるものではない。そこに気づいて変えるだけの余裕がある選手がどれだけいたかというところだと思いますし、正直そこまでの余裕はなかった。まだまだかなと思います」と語った。

 優勝を逃して悔しさが残る冨安だが、「こうして公式戦で代表のユニフォームを着てプレーできたことは大きな経験値」と感じており、「日本国民の応援を受けながらプレーした経験値は、もちろん今後の糧にしないといけないと思っています」と述べている。

 今大会のパフォーマンスが高く評価されていることについて冨安は、「それは周りが決めること。僕はピッチ上でやるべきことをやって成長していければいいと思います」と話し、地に足をつけている様子だ。

(取材・舩木渉、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「冨安健洋」をもっと詳しく

「冨安健洋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ