「変な目で見られても…」ホークス大竹が異色トレをしてでも直したい癖とは

2月2日(土)18時21分 フルカウント

外科用ギプスや踏み台を使用して「軸足を折る」悪癖“矯正”

 ソフトバンクの大竹耕太郎投手が2日、初日に続いてブルペン入りし、自主トレから継続している“折れない軸足”を意識しながら投球を続けた。

 この日のA組ブルペンでは、初日に投げなかったミランダ投手、スアレス投手が初の投げ込み。大竹は中田賢一投手、武田翔太投手、田中正義投手とともに2日続けてのブルペン入りとなった。

「去年の今頃に比べたら次元の違う球を投げられている」と、オフから自主トレにかけて取り組んできた練習に大きな手応えを感じている。キャンプで意識するのは「軸足が折れない投球」だ。

「軸足(左脚)を折って投げる悪い癖が出ないように。どうしても自分でも楽な投げ方に戻そうとしてしまうので、その意識をゼロにしたいんです」

 昨シーズン中も外科用ギプスを左膝部分に巻き、膝がまったく折れない状態で投球練習するなど、自分の悪癖と戦ってきた。踏み台を使った練習も取り入れるなど、大竹の練習方法はとても個性的だ。それでも「変な目で見られても結果で示したい」と、気にする素振りは見せない。

「理科でも習ったと思いますが、高いところから降ろす方が力が伝わり方が大きいんです。軸足を折らなければそれだけ上から投げることができるので」と、クレバーな左腕ならではの発言も。だが、「すぐに理系っぽく言っちゃいますけど、僕はがっつり文系なんですよ」と、ユニークなフォローも忘れない。

 今後もまっすぐ伸びた軸足を意識しながら、キャンプで投げ込んでいくつもりだ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

フルカウント

「ホークス」をもっと詳しく

「ホークス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ