松坂 次代のスター絶賛、根尾からあいさつ受け「頼もしい面構え」

2月2日(土)7時8分 スポーツニッポン

中日キャンプ集合写真撮影後、根尾(右)からあいさつされる松坂(撮影・椎名 航)

写真を拡大

 スターが次代のスターを絶賛した。中日の松坂大輔投手(38)が1日、沖縄・北谷で始まった春季キャンプに参加。集合写真の撮影後、ドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)からあいさつを受け「いい顔をしている。頼もしい面構え。他の選手にはない華がある。離れていてもパッと分かる」とべた褒めした。

 初の直接対話は時間にして約10秒ほど。それでも金の卵の持つオーラを十分に感じ取った。「ルーキーらしい初々しさがありながら、自信があるんだと思う」。甲子園春夏連覇という実績を携え、ドラフトでは競合の末、入団。類似点が数多い後輩に、自身の1年目を振り返りながら金言を授けた。

 「先輩のすごい球を見ても引くことはなかった。勘違いでもいい。僕は自分がやれると思っていた」。西口や潮崎ら当時の西武にはすでに球界を代表する投手が在籍していたが、18歳の松坂は気後れしなかった。高卒1年目から3年連続で最多勝に輝くなど、一気に球界を代表するエースへ成長。「勘違いしたままでもいい。根尾君もそのままの雰囲気で行って欲しい」と周囲に惑わされず、信念を貫くよう助言した。

 この日は新背番号「18」のユニホーム姿を初披露。「プロに入る時、必ず18を付けたいと思って入った。背負えなかった時は、またいつか背負ってやると思っていた。それくらい強い思いがある」と愛着のある番号を背にキャッチボールなどに取り組んだ。

 「18を背負う責任は感じている。理想は1年間、最後まで投げ続けられるようやりたい」。スター候補生が加入しても、平成の怪物の輝きは健在だ。(徳原 麗奈)

 ≪松坂「どう呼べばいい?」に根尾「何でもいいです」≫右ふくらはぎ肉離れのため、春季キャンプを2軍で迎えた根尾は、松坂について「がっちりされている印象だった」と話した。練習途中にはトレーニングのため2軍施設を訪れた松坂とこの日2度目の対面。「どう呼べばいい?」と尋ねられたが「何でもいいです」と話し、最終的な呼び名は持ち越しとなった。この日はティー打撃やノックをこなし、ノックでは荒木2軍内野守備走塁コーチから指導を受ける場面もあった。「ユニホームを着てひとつ気が引き締まった」と言葉に力を込めた。

 ≪与田新監督「緊張感あった」≫与田新監督は初日を終え「良い練習が集中してやれた。緊張感があって良かった」と満足した様子だった。かつてプレーした中日のユニホームに袖を通すのは23年ぶりで、背番号は楽天などのコーチ時代につけた92。「愛着があって気分は良い。気持ちが引き締まって責任感が重いなと思う」と話した。

スポーツニッポン

「中日」をもっと詳しく

「中日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ