ルコックスポルティフとコラボした2色の特別な『ルノー・トゥインゴ』限定車第2弾が登場

2月3日(月)15時55分 AUTOSPORT web

 独創的なRR(リヤエンジン・リヤドライブ)の駆動方式を採用した、ルノーのAセグメント・コンパクト『ルノー・トゥインゴ』に、フランスの総合スポーツメーカーである“ルコックスポルティフ”とコラボレーションした限定車が登場。2色のボディカラーを設定し200台限定で導入され、1月30日から予約受注を開始、3月5日に発売開始となる。


 メルセデス・ベンツの展開するスマート・ブランドとのアライアンスにより、直列3気筒ターボに6速のツインクラッチ・トランスミッション(6EDC)、そしてRRというオリジナリティ溢れる組み合わせを採用した3代目『ルノー・トゥインゴ』は、エンジンを搭載しないフロントセクションの恩恵で切れ角が大きくとれることから、高い小回り性能と欧州車らしい巡行性能を併せ持つ、稀有なコンパクトカーに仕上がっている。


 今回の限定車はフランスが誇るブランド同士がタッグを組んだもので、ルコックスポルティフとのコラボレーション第2弾にあたり、第1弾で好評だったブランクオーツMと、シックな色合いのグリリュネールMの2色のボディカラーをラインアップ。


 エクステリアでは、このボディカラーに合わせた専用サイドストライプ・デカールや、ルコックスポルティフ・ロゴ入りのボディ同色サイドプロテクションモール、さらにルージュドアミラーや、コーナリングランプ機能付きフロントフォグ、専用16インチアロイホイール等がスポーティな印象を際立たせている。


 一方のインテリアでも、前席シートヒーターやバックソナー+リヤカメラ、4スピーカー+サブウーハーなど機能的な装備が搭載されたほか、新たにスマートフォンのミラーリング機能により7インチタッチスクリーンでスマートフォン内の各種機能にアクセスできる“EASYLINK(イージーリンク)”を装備。SiriやGoogleアシスタントを利用した音声操作が可能なマルチメディア端末が採用された。


 その他、キッキングプレートやロゴプレートなど細部にも多くの専用品を装備し、各色100台限定で214万円となっている。

ブランクオーツMと、シックな色合いのグリリュネールMの2色のボディカラーをラインアップ
新たにスマートフォンのミラーリング機能により7インチタッチスクリーンでスマートフォン内の各種機能にアクセスできる”EASYLINK(イージーリンク)”を装備
キッキングプレートやロゴプレートなど細部にも多くの専用品を装備し、各色100台限定となる


ルノーコール:0120-676-365

ルノー・ジャポン HP:http://www.renault.jp


AUTOSPORT web

「ルノー」をもっと詳しく

「ルノー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ