得点王だけじゃない。アジアカップ優勝のカタール、“アシスト王”も新記録

2月3日(日)20時26分 フットボールチャンネル

 カタール代表の優勝で幕を閉じたAFCアジアカップ2019では、そのカタールのFWアルモエズ・アリが大会新記録となる9得点で得点王に輝いた。だが得点王だけでなく、大会新記録を更新するアシスト王もカタール代表から誕生している。

 今大会のアシスト王に輝いたのはカタールの22歳FWアクラム・アフィフ。日本代表を破った決勝のマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれたアフィフは、今大会の7試合で驚異の10アシストを記録した。

 アジアサッカー連盟(AFC)によれば、10アシストという数字は2位の選手を大きく引き離して今大会最多。また、記録が残っている限りではアジアカップの1大会における最多アシスト数だったとのことだ。

 アフィフはカタールが6-0の大勝を収めたグループステージの北朝鮮で4アシストを記録。決勝トーナメントでは韓国戦で1アシスト、UAE戦で3アシスト、決勝の日本戦では自身が決めたPK以外の2点をアシストした。

 得点王に輝いたアリの9得点中5点がアフィフのアシストによるものだった。アリはこの“相棒”について、「アクラムとは7年間一緒にやっている。彼がどこにいて、どこにパスを出すか分かっているし、彼も僕が何をするか分かっている」と相互理解の強さを強調している。

フットボールチャンネル

「カタール」をもっと詳しく

「カタール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ