ユーベに敗れたインテル、内容に手応えも指揮官は「PKが2つあった」と憤り

2月6日(月)20時44分 フットボールチャンネル

 インテルは現地時間5日、セリエA第23節でユベントスと対戦し、敵地で0-1と敗れた。チームには確かな手応えと、勝ち点を逃したことへの悔しさがあるようだ。伊メディア『メディアセット・プレミアム』が選手や監督のコメントを伝えている。

 1月の新戦力であるMFロベルト・ガリアルディーニは、互角に戦えたと感じており、「イタリア王者と勝負できることを証明した」とコメント。「たくさんチャンスをつくったけど、それを生かすことができなかった。それが悔しいね」と述べている。

 ステファノ・ピオリ監督は、「失点のシーンは我々の位置取りが良くなかった」と認めているが、判定には大きな不満がある様子だ。

「判定の被害を受けたから私は怒っている。我々に2つのPKがあったはずだ。審判は近くにいたというのに…。映像でははっきりしているね」

 ユベントスに敗れたインテルは、セリエAでの連勝が7でストップした。

フットボールチャンネル

「インテル」をもっと詳しく

「インテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ