ユーヴェに惜敗のインテル指揮官、判定に怒り心頭「2度のPKがあった」

2月6日(月)12時15分 サッカーキング

試合後に審判と話すインテルのピオリ監督(一番右) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 セリエA第23節が5日に行われ、インテルはアウェーでユヴェントスと対戦し、0−1と惜敗した。試合後、同クラブを率いるステファノ・ピオリ監督がイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応えた。

 同メディアによるとピオリ監督は、「私は頭にきている。クラドラードのゴールの直前に、カバーすべきスペースを作ってしまっていたからだ」とコメント。コロンビア代表MFフアン・クアドラードに奪われた得点は防げたと分析した。

 さらに同監督は、「前半には相手のエリア内でファールがあった。とても頭にきていた。残念でならない。こういった試合では細かな点が試合を左右する。2度のPKがあった。キエッリーニとマンジュキッチがイカルディに対してファールを犯した。判定は我々に有利なものではなかった」と続け、インテルに対して2度PKが与えられるべきだったと主張した。

「いずれにしろ、我々のミスによって自分たちは敗れた。リーグ戦の連勝が止まり、残念でならない」と敗戦を悔やんだピオリ監督。その上で、「我々が対戦したのはリーグ最強のチーム。これから再び巻き返さなければならない」今後の残りシーズンでの奮闘を誓った。

サッカーキング

「インテル・ミラノ」をもっと詳しく

「インテル・ミラノ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ