ローマ、レンタル移籍中の30歳DFの買い取りを検討。マンUは21億円以下では容認しない構え

2月7日(金)21時0分 フットボールチャンネル

 イタリア・セリエAのローマはマンチェスター・ユナイテッドから期限付き移籍中の30歳DFクリス・スモーリングの完全移籍での獲得を検討している。だが、レンタル元のユナイテッドは1500万ポンド(約21億円)以上を要求しているようだ。英メディア『デイリー・メール』が現地時間7日に報じた。

 2010年にフラムからユナイテッドに移籍したスモーリング。昨夏にローマに期限付き移籍となった。同選手はユナイテッドとの契約を2022年まで残している。

 スモーリングはローマで今季ここまで公式戦22試合に出場し、2得点1アシストを記録。ローマでの同選手の評価が上がっている。ローマはそんなスモーリングの買い取りを検討しているようだ。

 同メディアによると、ユナイテッドはローマに対して1500万ポンドを要求している。だが伊メディア『ガゼッタ・デロ・スポルト』はローマがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得しなければ、資金の調達が難しいという。

 果たして、ローマはスモーリングを獲得することができるのだろうか。

フットボールチャンネル

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ