香川真司がリーグ戦初ベンチ外…監督「正しい運動ができていない」

2月7日(日)12時27分 サッカーキング

ドルトムントでプレーする香川 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ブンデスリーガ第20節が6日に行われ、ドルトムントは日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦し、0−0で引き分けた。同クラブを率いるトーマス・トゥヘル監督が、試合で日本代表MF香川真司をベンチ外とした理由を明かした。6日付のドイツ紙『ルール・ナハリヒテン』が報じている。

 背番号を「23」に変更して今シーズンを戦う香川は、ここまでリーグ戦18試合に出場し4ゴール7アシストを記録している。しかし、ドイツ誌『キッカー』などで予想スタメンに名を連ねながらも、ヘルタ・ベルリン戦では招集メンバー外となり、今シーズンのリーグ戦で初のベンチ外となった。

 トゥヘル監督は、「彼は毎日のトレーニングで正しい姿勢と運動ができていなかった。我々は16名しかフィールドプレーヤーを選べないからね」と練習における香川のパフォーマンスに不満を示し、招集メンバー外とした理由を説明した。

 香川の代わりにベンチ入りを果たしたドイツ人MFモリッツ・ライトナーに関してトゥヘル監督は、「上向きである」とコメントし、コンディションの良さを強調した。なお、同選手はヘルタ・ベルリン戦で出場機会は無かった。

 シーズン序盤はフル出場が多かった香川も、リーグ第13節のハンブルガーSV戦以降は途中交代が多く、プレー時間が減少してきている。トゥヘル監督の中で、香川の序列が変化しているのか。今後の起用法に注目が集まる。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

香川真司をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ