スーパーフォーミュラ:トヨタエンジン使用の6チームが2018年体制を発表

2018年2月8日(木)13時2分 AUTOSPORT web

 トヨタ自動車は2月8日、2018年のモータースポーツ活動について発表し、このなかで全日本スーパーフォーミュラ選手権の参戦ドライバーについて発表した。


 ここ2年間はP.MU/CERUMO・INGINGからチャンピオンが誕生しており、2014年から連続で王者を輩出しているトヨタ陣営。2018年に向けては1名のルーキードライバー、2名の復帰ドライバーが参戦することになった。


 まずP.MU/CERUMO・INGINGは、チャンピオンの石浦がゼッケン1をつけ、国本が2に。KONDO RACINGはニック・キャシディと山下健太というコンビに変更はない。また、2017年からKCMGに加わった小林可夢偉も同チームで2年目のシーズンを送ることになったが、KCMGには新たにタイトルスポンサーとして、電機ブランドのパイオニアが展開する車載用AV機器ブランド『carrozzeria(カロッツェリア)』がついた。


 一方、ドライバーラインアップが変更されたのはSUNOCO TEAM LEMANS、ITOCHU ENEX TEAM IMPUL、そしてVANTELIN TEAM TOM’Sの3チームだ。このうちSUNOCO TEAM LEMANSは、大嶋和也のパートナーをTBDとしてアナウンスしているが、17年12月のテストにも姿をみせたFIA F2ランキング3位のイギリス人ドライバー、オリバー・ローランドが加わるとの見方が強い。

2017年12月のスーパーフォーミュラテストに参加した平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)


 ITOCHU ENEX TEAM IMPULに関口雄飛とともに参戦することになったのは、2017年のスーパーGT500クラスでチャンピオンを獲得した平川亮だ。平川は2013〜15年以来のスーパーフォーミュラ参戦となる。


 また、VANTELIN TEAM TOM’Sには、アンドレ・ロッテラーに代わってジェームス・ロシターが加わることになった。ロシターにとっては、2016年以来の復帰となる。また、中嶋一貴はチームに残るが、新たにゼッケン36が一貴、ロシターが37に変更された。


■2018全日本スーパーフォーミュラ選手権 トヨタ ドライバーラインアップ(2月8日時点)











































































No.DriverTEAMNat.
1石浦宏明P.MU/CERUMO・INGINGJPN
2国本雄資P.MU/CERUMO・INGINGJPN
3ニック・キャシディKONDO RACINGNZL
4山下健太KONDO RACINGJPN
7TBDSUNOCO TEAM LEMANS
8大嶋和也SUNOCO TEAM LEMANSJPN
18小林可夢偉carrozzeria Team KCMGJPN
19関口雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULJPN
20平川亮ITOCHU ENEX TEAM IMPULJPN
36中嶋一貴VANTELIN TEAM TOM’SJPN
37ジェームス・ロシターVANTELIN TEAM TOM’SGBR


AUTOSPORT web

「トヨタ」をもっと詳しく

「トヨタ」のニュース

「トヨタ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ