ガスリー、レッドブル・ホンダで好スタート「仕事の進め方は、リザーブドライバー時代に学んでいる」

2019年2月8日(金)13時37分 AUTOSPORT web

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、2019年シーズンに向けて正しいアプローチができていると考えている。


 ドライバーがチームを変わると、ドライバーとチームの双方がお互いのこととそれぞれの仕事のやり方を知り、落ち着くまでに時間がかかるものだ。


 しかし、トロロッソ・ホンダからレッドブル・ホンダに移籍したガスリーはそうではない。というのも彼は、2018年にトロロッソ・ホンダからデビューする前の2015年から2017年まで、レッドブルのリザーブドライバーだったからだ。


 ガスリーは、「レッドブルのリザーブドライバーだった頃、ドライバーの行動について本当にたくさんのことを見てきた」と語った。


「仕事のやり方や、週末へのアプローチの仕方のようなことだ」


「セバスチャン(・ベッテル)がチームと仕事をしているのも、マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドがチームと仕事をしているのも見た」


「彼らの異なる性格が見られたし、何が彼らそれぞれの役に立ったか、何が良くなかったかを知ることができた。また、チームが何を気に入らなかったのかについても分かった」


2015〜2017年までレッドブルのリザーブドライバーを勤めていたガスリー

AUTOSPORT web

「ドライバー」をもっと詳しく

「ドライバー」のニュース

「ドライバー」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ