マスコット総選挙の51位から31位発表! Jリーグキングは最下位脱出

2月8日(木)12時52分 サッカーキング

前回の最下位から脱出したJリーグキング [写真]=AMA/Getty Images

写真を拡大

 Jリーグは7日、Jリーグマスコット総選挙2018の結果を51位から31位まで発表した。

 マスコット総選挙は、明治安田生命J1リーグをはじめとするJ2・J3クラブのマスコットにより争われる人気投票。1月26日から2月5日の18時まで投票が行われ、2月10日に埼玉スタジアムにて開催される「FUJI XEROX SUPER CUP 2018」のハーフタイム中に1位から3位が発表される予定だ。

■『Jリーグマスコット総選挙』結果発表 31位〜51位
31位:レディア(浦和レッズ)
32位:アビーくん(アビスパ福岡)
33位:ロアッソくん(ロアッソ熊本)
34位:キングベルI世(湘南ベルマーレ)
35位:ライオー(長野パルセイロ)
36位:ギランくん(ギラヴァンツ北九州)
37位:さぬぴー(初)(カマタマーレ讃岐)
38位:アルディ(大宮アルディージャ)
39位:アルビくん(アルビレックス新潟)
40位:ガミティ(SC相模原)
41位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC)
42位:ファジ丸(ファジアーノ岡山)
43位:パーサくん(京都サンガF.C.)
44位:トッキ—(栃木SC)
45位:湯友【ゆうと】(ザスパクサツ群馬)
46位:Jリーグキング(Jリーグ)
47位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック)
48位:伊予柑太(愛媛FC)
49位:フリ丸(横浜FC)
50位:ライカくん(カターレ富山)
51位:ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田)

サッカーキング

「マスコット」をもっと詳しく

「マスコット」のニュース

BIGLOBE
トップへ