マンCに大敗したチェルシー。主将がファンに謝罪「キャリアで最悪の夜」

2月11日(月)23時22分 フットボールチャンネル

 チェルシーのDFセサル・アスピリクエタが、マンチェスター・シティ戦の大敗を謝罪した。クラブの公式サイトで話している。

 10日に行われたプレミアリーグでシティと対戦したチェルシーは、立ち上がりから失点を続けると、0-6で完敗している。

 アスピリクエタは「僕のキャリアで最悪の夜の一つだ。本当に腹が立つし、すごく残念だよ」とコメント。「ファンに言える唯一のことは、申し訳ないということだけだ」と話した。

 シーズン序盤に安定した戦いを見せたチェルシーだが、次第に調子を落としており、現在は6位。シティ戦の大敗を受けて、英『デイリー・スター』は「サッリ、エンド」と見出しを打った。チェルシーはファンの心を結果でつかみなおせるだろうか。

フットボールチャンネル

「チェルシー」をもっと詳しく

「チェルシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ