神戸、またも驚愕補強。ビジャ獲得でイニエスタも輝くか。戦力大幅アップで目標は?【2019年Jリーグ補強診断】

2月13日(水)10時0分 フットボールチャンネル

ビジャ、山口らを積極的に獲得

 2019年のJ1リーグがまもなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、イニエスタ、ビジャらを揃えるヴィッセル神戸を取り上げる。

——————————

 昨季、世界屈指のMFであるアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸へ加入したことにより、日本中が大いに盛り上がった。新チームでも背番号8を身に付けた同選手は、デビュー戦から随所で世界レベルのプレーを披露。チームに多くのものをもたらした。

 そして今季、神戸にまた一人世界屈指の名プレーヤーが加入することになった。ダビド・ビジャだ。

 イニエスタ同様、バルセロナ、スペイン代表で数多くのタイトルを獲得してきたストライカーは、今季の神戸においてカギを握る存在となりそうだ。抜群の決定力を存分に発揮してゴールを量産することはもちろん、周りを生かしたプレーで違いを作りたいところ。今季のJリーグにおける得点王候補でもあるため、ビジャに懸かる期待は当然大きくなる。イニエスタとの連係も見ものだ。

 また、西大伍や山口蛍といったJリーグでの実績は申し分ない選手たちが加入。彼らが新たなチームの主力となるのは明らかで、フアン・マヌエル・リージョ監督が求めるサッカーを体現するにふさわしい選手であることは間違いない。ビジャと同じく、こちらにも注目が集まる。

 昨季は残留争いを強いられた神戸だが、リージョ監督が目指すポゼッションサッカーをピッチ上で開花させることができれば、上位進出も夢ではない。イニエスタ、ビジャ、ルーカス・ポドルスキとワールドクラスの選手には大きな爆発力が求められるが、リージョ監督が豊富なタレントをいかにしてまとめ上げるかも重要なポイントとなりそうだ。

 目標はAFCチャンピオンズリーグ出場権獲得。神戸にとっては色々な意味で重要な1年となりそうだ。

補強・総合評価

IN
GK:伊藤元太[松山工業高校]
DF:西大伍[鹿島]
DF:初瀬亮[G大阪]
DF:小林友希[神戸U-18]
MF:山口蛍[C大阪]
MF:中坂勇哉[CFペララーダ/期限付き移籍期間満了]
MF:ウエスクレイ[セアラーSC/期限付き移籍期間満了]
FW:ダビド・ビジャ[ニューヨーク・シティFC]
FW:小川慶治朗[湘南/期限付き移籍期間満了]

OUT
DF:北本久仁衛[シモークFC]
DF:伊野波雅彦[未確定]
DF:高橋峻希[柏]
DF:ティーラトン[ムアントンユナイテッド/期限付き移籍期間満了]
DF:アフメド・ヤセル[アル・ドゥハイル/期限付き移籍期間満了]
DF:山口真司[長野]
DF:東隼也[福島]
MF:松下佳貴[仙台]
MF:藤田直之[C大阪]
MF:前田凌佑[大分]
MF:小林成豪[大分]
FW:長沢駿[仙台]
FW:大槻周平[山形]
FW:ハーフナー・マイク[バンコク・ユナイテッド/期限付き移籍]

補強評価:A

 目玉補強はなんといってもビジャだ。世界を知るストライカーの加入により、チーム力が大幅にアップしたのは間違いない。また、藤田直之や松下佳貴らはチームを去ったが、山口や西、初瀬亮らを積極的に補強。充実の戦力を揃えることに成功した。さらに海外で修業を積んだ中坂勇哉がチームに復帰し、下部組織より小林友希といったルーキーも加わっている。楽しみなチームだ。

総合評価:A

 昨季は残留争いを強いられたが、今季のチームには上位進出の期待感を抱ける。イニエスタ、ポドルスキ、ビジャらは強烈な“個”を放つことが期待されるが、やはりカギを握るのはリージョ監督だ。タレントをまとめ上げ、チームにポゼッションサッカーを高いレベルで植え付けることができれば、ACL出場権獲得はもちろん、リーグ優勝も狙えるはず。だが、大幅な戦力の入れ替えは崩壊へと導く危険性があることも忘れてはならない。

フットボールチャンネル

「イニエスタ」をもっと詳しく

「イニエスタ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ