高梨沙羅、4年後の“金”へ銅は「モチベーション」

2月13日(火)22時14分 スポーツ報知

スキージャンプ女子ノーマルヒルで銅メダルを獲得した高梨沙羅

写真を拡大


 平昌五輪ジャンプ女子個人ノーマルヒル決勝(HS109メートル、K点98メートル)で、銅メダルを獲得した高梨沙羅(21)=クラレ=が、13日放送のNHK「ニュースウオッチ9」(火曜・後9時30分)に出演し、悲願のメダルに思いを語った。

 「実際の重みよりも、たくさんの方々の思いが詰まって、より一層重みは感じます」とメダルの重みを語った高梨。「4年前のソチオリンピックの時は、目の前の事しか見えていなくて、純粋にジャンプを楽しむことを忘れていたなと思うので、今回は最後の最後で自分を信じて飛べましたし、最終的に楽しく飛べたので良かったなと思う。最後自分を信じて飛べれば、ソチオリンピックの時も良かったのかなと思う」と4年間での成長を口にした。

 さらに「メダルがもたらしてくれたものは?」と問われると「次に向けてのモチベーション」と4年後の北京五輪での金メダル獲得へ前を向いた。

スポーツ報知

「高梨沙羅」をもっと詳しく

「高梨沙羅」のニュース

BIGLOBE
トップへ