【大阪オートメッセ2018】レクサスのようでレクサスにあらず!? 最新モデル風にチェンジできるカスタマイズパーツが登場!!

2月15日(木)6時0分 日本版Autoblog



レクサスのカスタマイズパーツを手掛けるフィクサーは、 大阪オートメッセ 2018 に新作のカスタマイズパーツを装着したSUVを出展した。

スピンドルグリルが装着され、最新のレクサスのSUVのようにも見えるが、「RX」とも「NX」とも違う。

読者の方は、ベースモデルが何かお分かりになるだろうか?

斜めから見たスタイリングも自然な仕上がりとなっているが、サイドのデザインを見れば、ベース車両が何かお分かりになっただろう。

ベースモデルは、2世代目のトヨタ「ハリアー」だ。このモデルは海外でレクサスRXとしても販売されていたモデルなので、なんちゃってレクサスとも言い難い。

リアビューは至ってシンプルだが、コンビネーションランプが、先代の「LS」を想わせる意匠に変更されており、ベース車両のハリアーとの違いを演出している。

最近のレクサスデザインは、シャープで流麗なラインがボディデザインに取り入れられており、多少古さは感じられるが、このエアロパーツを付けることで、現行モデルの気分を手軽に味わうことが出来そうだ。

同社では、先代LSの前期モデルを後期モデル風に、初代「IS」を現行モデル風に仕上げるカスタマイズパーツも手掛けているので、買い替えるほどではないが、今風のレクサスに仕上げたいオーナーは検討してみると良いだろう。

日本版Autoblog

「レクサス」をもっと詳しく

「レクサス」のニュース

BIGLOBE
トップへ