注目の新型アドベンチャー『ホンダADV150』発売前に年間販売計画数を上回る4000台受注

2月15日(土)7時0分 AUTOSPORT web

 ホンダは2月14日、同日に発売開始となった新型アドベンチャーモデル『ADV150』の受注状況を発表。年間販売計画台数の3000台を上回る約4000台(2月10日時点)を受注したことを明らかにした。


 ADV150は、2019年10月に開催された第46回東京モーターショー2019で市販予定車として初披露され、その後、ホンダのアドベンチャーモデルとして同年12月20日に発表された150ccクラスの新型軽二輪車だ。


 その開発コンセプトは『限界を超えていく都会の冒険者』。スクーターの魅力である快適性や利便性、機動力に個性的で力強い外観と優れた走破性を加えることにより、通勤や通学から趣味や非日常も楽しめるモデルとなることが目指されている。


 エンジンは自動車専用道や高速道路での走行が可能な149cc水冷4ストローク単気筒で、耐久性と静粛性、優れた燃費性能を持つスクーター用グローバルエンジン“eSP”を採用。


 また、フレームに高剛性なダブルクレードル構造を用いた他、足回りを専用設計とすることで、オフロードから高速道路まであらゆるシチュエーションで快適な乗り心地を実現している。


 さらに、前後輪のディスクブレーキやHonda SMART Key システム、エマージェンシストップシグナル、2段階で調整可能なスクリーンなど安全性、利便性を高める装備が多数採用されのも特長だ。

ホンダADV150(カラー:マットガンパウダーブラックメタリック)
ホンダADV150(カラー:マットガンパウダーブラックメタリック)


 そんなADV150は、タフなイメージを抱かせるアドベンチャースタイルの外観や取り回しのしやすさ、力強いエンジンと安定感のある足回りが評価され、発売前の時点で国内の年間販売計画台数を上回る約4000台を受注を獲得した。


 カラーリング別構成比は2月10日時点の受注ベースで、マットガンパウダーブラックメタリックが35%、ゲイエティーレッドは34%、マットメテオライトブラウンメタリックも31%と全3色が拮抗した割合となっている。


“バイク不況”が叫ばれる昨今において異例の好スタートを切ったホンダADV150。発表以前から注目を集めていた同モデルの価格は45万1000円(税込)だ。

ホンダADV150(カラー:ゲイエティーレッド)
ホンダADV150(カラー:ゲイエティーレッド)
ホンダADV150(マットメテオライトブラウンメタリック)
ホンダADV150(マットメテオライトブラウンメタリック)


AUTOSPORT web

「ホンダ」をもっと詳しく

「ホンダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ