スアレス以来4年ぶりの快挙! リバプール1年目のエジプト俊足FWが30得点を達成

2月15日(木)12時0分 フットボールチャンネル

【ポルト 0-5 リバプール チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】

 現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、リバプールはポルトガルの強豪ポルトを相手に5-0の勝利をおさめた。この試合で25歳のエジプト代表FWモハメド・サラーが1得点を記録し、今季公式戦30得点を達成した。

 試合開始して25分にサディオ・マネが先制点を決めると、続く29分にはこぼれ球を拾ったサラーが押し込み追加点。その後マネやロベルト・フィルミーノが得点を積み重ね、リバプールは5-0の勝利をおさめている。

 昨年夏にローマからリバプールに移籍したサラーだが、加入初年度で公式戦36試合に出場し30得点を記録。2013/2014シーズンに当時リバプールに所属していたウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現:バルセロナ所属)が公式戦31得点を達成して以来、4年ぶりの記録達成となった。まだ多くの試合を残していることを考えれば、スアレスの記録を超えることも可能だろう。

フットボールチャンネル

「エジプト」をもっと詳しく

「エジプト」のニュース

BIGLOBE
トップへ