背水のジダン監督「満足だが戦いは終わっていない」

2月15日(木)10時2分 日刊スポーツ

後半41分、チーム3点目を決めたDFマルセロ(右)を祝福するRマドリードのジダン監督(AP)

写真を拡大


<欧州CL:Rマドリード3−1パリサンジェルマン>◇決勝トーナメント1回戦◇14日◇マドリード

 第1戦が行われ、レアル・マドリード(スペイン)がFWロナルドの2ゴールなどで、ホームでパリサンジェルマン(フランス)に3−1で逆転勝ちした。
 ロナルドはこの日の2得点で、Rマドリードで欧州CL通算101得点(95試合出場)となった。「重要な勝利。良い形で試合をスタートしたが失点してしまった。けど、この試合はCLだしマドリードは経験がある。試合は90分続くしホームでは良い試合をしたかった。2点を決めたことで第2戦に向けて大きなアドバンテージを手にした」と喜んだ。
 自身の身体問題をかけた試合であることを認め、背水の陣で挑んだジダン監督は「戦いはまだ終わっていない。90分、もしくはそれ以上の戦いが残っている。今日の試合は自分たちの色を出して良い試合をすることが出来て満足だ」と話した。

日刊スポーツ

「ジダン」をもっと詳しく

「ジダン」のニュース

BIGLOBE
トップへ