ソフトバンク柳田が逆方向弾「天才やね」藤本コーチ

2月15日(木)19時26分 日刊スポーツ

シート打撃で本塁打を放つ柳田。投手笠谷(撮影・栗木一考)

写真を拡大


 ソフトバンク柳田悠岐外野手(29)が15日、3度目のシート打撃で「1号」本塁打を放った。4年目左腕笠谷が3ボール1ストライクから投げた直球をガツン。左翼手がすぐに追うのをあきらめる豪快なアーチを逆方向へかけた。
 「はじめて2018年に(本塁打が)打てたんで、やっと始まったなと。いいスイングをして、コースなりに飛んでいった」と笑った。その前の打席では石川から左翼フェンス直撃の二塁打を放つなど2打数2安打。
 藤本打撃コーチは「あっち(左翼)方向へ打てている方が、引っ張った時、ラインドライブがかからない。今は天才やね。本当にリラックスしてやっている」と評価していた。

日刊スポーツ

「ソフトバンク」をもっと詳しく

「ソフトバンク」のニュース

BIGLOBE
トップへ