元独代表が2失点ブフォンを批判「辞める時がきた」

2月15日(木)17時55分 日刊スポーツ

ユベントスGKブフォン(06年6月30日撮影)

写真を拡大


 ユベントスGKブフォンが欧州CLトットナム戦で2失点したことを受け、元ドイツ代表のバスラー氏がコメントした。15日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。
 「ブフォンは素晴らしいキーパーだった。しかし、時には引退するいい機会を逃してしまうこともある。ユベントスと監督は彼に辞める時がきたことを知らせるべきだった。おそらく彼には欧州CLで優勝したいという願いがあるのだろうが、もはや世界的レベルのキーパーではなくなっている。彼と一緒ではユベントスは優勝できないだろう」と厳しく批判している。
 一方ブフォンは「シーズン終盤にアニェッリ会長と会って、そのことについて話し合うことになっている」とコメントしている。
 またFIFAのインファンティノ会長は同紙のインタビューで「もしブフォンが本当に今季限りで引退するのだったら、私は彼にFIFAに入ってもらうために自ら赴く」と話している。

日刊スポーツ

「ユベントス」をもっと詳しく

「ユベントス」のニュース

BIGLOBE
トップへ