平野歩夢の銀メダル生放送のTBS視聴率は9・6%

2月15日(木)10時16分 日刊スポーツ

銀メダルを獲得し日の丸を掲げる平野(2018年2月14日撮影)

写真を拡大


 平昌(ピョンチャン)冬季五輪平野歩夢が銀メダルを獲得したスノーボード男子ハーフパイプ決勝を14日午前9時55分から155分間、生放送したTBS系番組の平均視聴率が、関東地区で9・6%、関西地区で10・1%だったことが15日、ビデオリサーチの調査で分かった。
 平野は2本目に五輪史上初の「ダブルコーク1440」の4回転を連続で決めて95・25点の高得点をたたき出したが、最後の3本目にショーン・ホワイト(米国)に逆転を許した。
 前回14年のソチ五輪では15歳2カ月の日本選手最年少記録でメダルを獲得。日本からの金メダルへの期待を一心に背負っての出場だっただけに、視聴者の注目も高まった。

日刊スポーツ

「平野歩夢」をもっと詳しく

「平野歩夢」のニュース

BIGLOBE
トップへ