栃ノ心に祖国ジョージアから勲章、国民栄誉賞に匹敵

2月15日(木)9時0分 日刊スポーツ

日本記者クラブで会見した栃ノ心は自筆の揮毫(きごう)を報道陣に見せる

 初場所で平幕優勝した栃ノ心(30=春日野)が、祖国ジョージアのマルグベラシビリ大統領から勲章を授与されることが決まった。

 14日、都内の日本記者クラブに招かれ会見。同席したツィンツァゼ駐日ジョージア全権特命大使が「今回の類いまれなる功績に名誉の勲章を授けると(大統領は)述べた」と明かした。同大使は初場所千秋楽で日本の国民栄誉賞にあたる賞の授与を示唆していたが「それに匹敵するもの」と説明。席上、既に決まっていた名誉観光大使の証書を渡された栃ノ心は「本当にうれしい」と語り、故郷へは「1つでも土俵を作って世界大会を開催したい」と夢をはせていた。

日刊スポーツ

「栃ノ心」をもっと詳しく

「栃ノ心」のニュース

BIGLOBE
トップへ