ヤクルト・ハフ、カラシティー打撃投手で納得の表情

2月15日(木)13時43分 日刊スポーツ


 ヤクルトの新外国人デーブ・ハフ投手(33=韓国LG)とマット・カラシティー投手(26=カブス傘下3A)が15日、春季キャンプ(浦添)で初めて打撃投手を務めた。
 ハフは制球良く両コーナーに投げ分けて57球、カラシティーは中村と古賀のバットを折るなど力強い直球を軸に24球を投げ込んだ。ハフは「打者との対戦は初めてだけど全体的には良かった」と納得の表情。カラシティーは「早い段階で打者の反応を見られたのはいいこと。感じは良かった」と振り返った。

日刊スポーツ

「打撃投手」をもっと詳しく

「打撃投手」のニュース

BIGLOBE
トップへ