17歳山口すず夏3打差3位「ローアマが取れれば」

2月15日(木)18時44分 日刊スポーツ

第1日を4アンダーで回った高校2年の山口すず夏(右)(大会事務局提供)

写真を拡大


<米女子ゴルフ:ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン>◇第1日◇15日◇オーストラリア・ザ・ロイヤルアデレードGC(パー72)

 アマチュア勢が好スタートを切った。17歳の山口すず夏(東京・共立女第二高)が4アンダーで、日本人トップとなる首位と3打差3位。同じ17歳の吉田優利(千葉・麗沢高)は2アンダーで21位につけた。
 山口は「出るからには優勝を目標にしています。目の前の1打に集中して、その結果、ローアマが取れればいい」と話した。
 野村敏京は吉田と並ぶ21位。横峯さくらは1アンダーで32位。畑岡奈紗はイーブンパーの46位。渡辺彩香は4オーバーの110位。上原彩子は8オーバーの140位。首位は7アンダーのコ・ジンヨン(韓国)で、2打差2位には日本ツアーでも活躍する申ジエ(韓国)がつけた。

日刊スポーツ

「女子ゴルフ」をもっと詳しく

「女子ゴルフ」のニュース

BIGLOBE
トップへ