負傷者続出中…アーセナル指揮官が言及「ラムジーの回復が遅れている」

2月15日(木)17時58分 サッカーキング

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 カラバオカップ(リーグカップ)決勝を控えるアーセナルに負傷者が続出している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が14日に報じている。

 アーセナルは25日にガラバオカップ決勝でマンチェスター・Cと対戦する。しかし、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットは膝の手術を受け、4週間から6週間程度の離脱。また、イングランド代表MFジャック・ウィルシャー、フランス代表DFローラン・コシェルニー、チェコ代表GKペトル・チェフなど離脱者が相次いでいる。

 15日にスウェーデンで行われるヨーロッパリーグ・エステルスンド戦への遠征メンバーから外れた負傷中のラムジーは、アーセナルのホームで行われるセカンドレグでの欠場も濃厚だ。同クラブのアーセン・ヴェンゲル監督はマンチェスター・Cとの大一番でもラムジーが起用できない可能性があることを話した。

「ラムジーに関しては少しばかりデリケートだ。私が予想していたよりも回復が遅れている。彼はエステルスンドとの2戦目にも出られないだろう。カップ戦の決勝についてはまだわからない。回復の経過次第だ」

サッカーキング

「アーセナル」をもっと詳しく

「アーセナル」のニュース

BIGLOBE
トップへ