【日本ハム】岡、俊足そのまま肉体改造9キロ増量「打球が飛んでくれる」

2月15日(木)6時31分 スポーツ報知

肉体改造でひと回り、たくましくなった岡

写真を拡大


 日本ハムの岡大海外野手(26)が肉体改造で1軍定着を狙う。沖縄・国頭村の2軍キャンプで14日、昨季終了時から9キロ増の89キロに増量したと告白した。周囲から線の細さを指摘されたことで決意。「シーズンを通して体力的にもっていない部分もあった」。年間通して1軍で戦う体力をつけるため肉体改造に着手した。

 目標は90キロ。「(あと1キロの)壁がある」が、体は一回りたくましくなった。夕食時は田中賢介内野手(36)が隣に座り食事を監視される“食トレ”。炭水化物を中心に摂取し、体幹をウェートトレで鍛える。スーツのサイズが合わなくなる“弊害”も、全ては野球のためだ。

 効果はプレーに表れる。フリー打撃では柵越え連発。「大きく動かなくても打球が飛んでくれる。よりシンプルな打ち方ができる」。50メートル5秒7の走力も損なわず、パワーアップに成功した。プロ5年目のキャンプは2軍始動。故障に悩まされ1軍定着を逃してきただけに「僕は結果を出さないといけないので」。たくましくなった体で猛アピールを誓った。

(秦 雄太郎)

スポーツ報知

「肉体改造」をもっと詳しく

「肉体改造」のニュース

BIGLOBE
トップへ