銅メダルの高梨沙羅、生放送で北京での金へ意欲、さらに団体戦について「種目になって欲しい」と熱望

2月15日(木)9時21分 スポーツ報知

高梨沙羅

写真を拡大


 15日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月〜金曜・前8時)で平昌五輪スキージャンプ女子で銅メダルを獲得した高梨沙羅(21)=が生出演した。

 高梨は2度目の五輪で銅メダルを獲得したが「北京にむけて金メダルに変えられたらなと思います」と次の北京五輪での金メダルに挑む意欲を示した。

 その上で五輪は女子のジャンプ競技がノーマルヒルのみで「競技が種類増えてほしいなと思いますので、この一戦で終わるのが寂しい」と明かした。中でも「チーム戦ではみんなの力で金メダルを取れると信じていますので。次の北京五輪では、ぜひ種目になってほしいです」と団体戦の五輪での実施を訴えていた。

 この発言にMCの加藤浩次(48)は「我々も働きかけますよ!どうしたらいいのかわからないけど」と絶叫していた。

スポーツ報知

「メダル」をもっと詳しく

「メダル」のニュース

BIGLOBE
トップへ