【平昌裏話】五輪取材の楽しみピンバッジが増えない

2月15日(木)8時1分 スポーツ報知

ピンバッジを付けたニット帽

写真を拡大


 五輪取材では、各国メディアとのピンバッジ交換が楽しみの一つ。首にかけて取材パスのヒモにつけておくもよし、ニット帽につけておくもよし。気に入ったバッジを見つけたら、「exchange?」(交換しませんか?)。2010年バンクーバー五輪スロバキアチームのバッジが今回のお気に入りだ。8年前は、まだギリギリ大学生だったな…なんて思い出に浸れる。

 ただ、今回は収集ペースが遅い。前回リオ五輪では50個超が手に入ったのに、まだ7個…。理由は多分、寒いからだ。氷点下10度の中、立ち止まってピンバッジ交換する余裕なんてあるはずがない。14日の朝は暖かいなと感じたが、気温は0度だった。人間の適応力はすごいと思う。

スポーツ報知

「五輪」をもっと詳しく

「五輪」のニュース

BIGLOBE
トップへ